ビットコインFXで損益が出たら税金はどうなるの?損益通算できる?

「ビットコインFXで損益が出たときの税金が知りたい…」

「ビットコインFXで損失が出たら損益通算はできる?」

 

上記のような疑問にお答えします。

 

この記事の内容

・ビットコインFXで損益が出たときの税金

・ビットコインFXは損益通算できるのか

 




ビットコインFXで損益が出たときの税金

2つのパターンに分けて説明したと思います。

 

  1. ビットコインFXで利益が出たとき
  2. ビットコインFXで損失が出たとき

 

ビットコインFXで利益が出たとき

利益が出ると、税金を払わないといけないですよね…

確定申告が必要になる場合をこちらの方です。

対象者 確定申告が必要になる条件
副業のサラリーマン 仮想通貨で20万円を超えて所得が出たとき
学生や主婦(アルバイトしている) 仮想通貨で20万円を超えて所得が出たとき
学生や主婦(アルバイトしていない) 合計所得が38万円を超えたとき
個人事業主 合計所得が38万円を越えたとき

 

詳しいについては、「20万円以下!?仮想通貨で確定申告が必要になるのはいくらから?」でご確認頂ければと思います。

 

ビットコインFXは仮想通貨投資とおなじで、雑所得or事業所得として区分されます。

FXといえば、「先物取引に係る雑所得等」に区分されるので、税率が一律で20.315%でしたよね。

 

ところがビットコインFXは、FXではなく仮想通貨投資であると考えられているため、総合課税で雑所得or事業所得になり、税率は最大で55%になります…

 

Q:仮想通貨の証拠金取引(ビットコインFX)については、外国為替証拠金取引

   (いわゆるFX)と同様に申告分離課税制度の対象となりますか。

A:仮想通貨の証拠金取引による所得については、申告分離課税の適用はありませんので、

総合課税により申告していただくことになります。

国税庁:情報4号

 

総合課税になると所得税は最大で45%課税され、住民税が一律で約10%かかるので、合計最大で55%も税率がかかる計算になります…

税率の詳しい内訳については、「最大で55%も!仮想通貨にかかる税率は株やFXに比べて高すぎです」を参照してください。

 

ビットコインFXで損失が出たとき

ビットコインFXで損失が出たときは、確定申告しなくても平気です。

利益がないので税金はかかりません。

 

またビットコインFXは仮想通貨とおなじで、赤字の繰り越しもできません。

株やFXではできるのですが…

 

ビットコインFXは仮想通貨と同じで、損益通算できません

ビットコインFXは仮想通貨とおなじように扱われるので、損益通算もできません…

規制が厳しいですね…

 

Q:仮想通貨の取引により、雑所得の金額に損失が生じました。この損失は、給与所得等の他の所得
と通算できますか。

A:雑所得の金額の計算上生じた損失については、雑所得以外の他の所得と通算することはできませ
ん。

国税庁:情報4号

 

ただし、他の雑所得とは損益通算できます。

たとえばビットコインの売買で100万円の利益がでたときに、ビットコインFXで90万円の損が出ていれば、損益通算して所得は10万円です。

 

ちなみに副業の場合は、給与所得以外で20万円以上所得がでなければ確定申告は不要ですので、上記のケースでは確定申告をしなくて平気ですよ。

 

まとめ:ビットコインFXの税金は仮想通貨と同じく不利です。損益通算もできません

ビットコインFXも仮想通貨と同じように規制を受けていて、税金は不利ですね。

 

ただ、雑所得同士の損益通算はできます。

もし仮想通貨の売買で損失が出ていて、ビットコインFXで利益が出ていたら合計所得を求めてみましょう。

(雑所得以外では損益通算できませんので、本業の所得とは分けて考えてください。)

コメント